• ホーム
  • ヤーズの使用方法と注意点について

ヤーズの使用方法と注意点について

笑顔の女性

ヤーズは女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合剤です。
わが国では月経困難症の治療に使われています。

28日を1クールとして服用するお薬で、カード型のケースにあらかじめ薬がセットされた状態で渡されることが一般的かと思います。
最初の24錠がお薬が入った錠剤、残りの4錠はお薬の入っていない錠剤、いわゆるプラセボになります。

まず、生理が始まった日が服用開始日になります。
そこから毎日決まった時間に1錠ずつ服用を続けます。
飲む時間は、自分の飲み易いタイミングで大丈夫です。

服用開始日から25日目~28日目はプラセボ服用期間になり、この間に生理が起きます。
28錠全てを飲み終わったら、新しいシートで2クール目が始まります。

飲み忘れた場合は、基本的には気づいたときに忘れた分を飲めばOKです。
翌日に飲み忘れに気づいたときは、その場で忘れた分を飲み、当日の分も予定どおりの時間に飲むようにして下さい。
2錠飲み忘れてしまったときは、気づいたときに1錠のみ、その当日の分も予定どおりの時間に飲みます。
ずれていくことになるので、この場合は飲み終わるのが1日遅くなることになります。
飲み忘れたのがプラセボの場合は、忘れた分はそのまま飲んだことにして、当日の分を飲むだけで大丈夫です。

ヤーズの主な副作用としては、頭痛や吐き気、不正出血があります。
最初の1、2ヶ月に起こりやすい副作用ですが、飲み続けるうちに症状が消えていくことが多いようです。

また、気をつける副作用としては血栓症があります。
ヤーズに限らず、女性ホルモンのお薬には共通の副作用です。
血栓症の初期症状は、突然の息切れや足の腫れ・むくみがあります。
このような症状を感じたら、早めに処方医に相談するようにしましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧