• ホーム
  • 数ある種類からピルを選ぶ際の基準

数ある種類からピルを選ぶ際の基準

スプーンの上に乗っている様々な薬

ピルは良く知らないと排卵を薬で抑制する怖い薬だと思う人が多いです。
しかし実際はデメリットよりもメリットが多い優良な薬です。
体にも害はありません。
そのため、海外では高校生から服用する人も多いのです。

日本では自然な排卵を薬によって調整するのが本当に良い事なのかと疑問を持つ大人が多く、自分の子供が服用しようとすると必死で止める人もいます。
しかし毎月の生理が重い人や、生理前に起こるニキビや頭痛、体のだるさなどの諸症状が強く出てしまう人はそれだけで毎月辛い思いをします。
そのたびに薬を服用して痛みを止めるのはあまり体に良い事ではありません。
学生のうちはまだいいですが、社会人になってしまうと生理痛で会社を休むことは難しくなってしまいます。

生理痛などが重い人は早めに産婦人科を受診して相談してみると良いでしょう。
実際に産婦人科に行って先生の話を聞けばそこまで怖い薬ではないとわかるはずです。
もちろん定期的な検査は必要です。

しかし逆に考えればピルを服用していない人よりも体調に気をつけて検査をしているので、万が一何かあったときも早期発見できるというメリットもあるのです。
ピルには避妊や生理痛緩和目的で服用する低用量ピルと、女性特有の病気の治療のために服用する中用量ピルがあります。

一般的に多く処方されているのはヤーズなどの低用量ピルです。
ヤーズなどの低用量ピルは、服用初期に副作用が出る場合があります。
最近の薬は改良されているので副作用が全く出ない人もいます。
副作用は多少のものなら1カ月以内に治まりますので継続服用して大丈夫です。
あまりにも体に合わない場合はヤーズから他の種類に変更して様子を見ることもあります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧